MENU

そして売買契約と進みます

重要事項の説明が終わり書面に署名、押印を済ませたらいよいよ売買契約です。売買契約を締結すると双方、一方的に契約を解除することが出来ないので、契約書に押印する前までに疑問に思うことは解消しておかなければなりません。売買契約書は重要事項説明書と同じような内容が記載されていますが、大きく違い所は支払いに関する事項が詳しく書面に記載されている事。また特約条項も記載されるのでよく確認したうえで署名押印しなければなりません。無事契約が終われば残代金の支払いを済ませ物件引渡しへと流れ、引っ越しと進んで行きます。この際、引き渡し前に約束した特約(例えばリフォームや室内クリーニング、また付属品サービスなど)は引き渡しの日までに不動案会社立会いの下確認をしておくのがベター。トラブルを防げます。

『東急リバブル』といえばここをCHECK

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは入居した後、隠れた瑕疵があった場合売主が担保責任をおわなければならないというものです。隠れた瑕疵とは通常わからなかった不具合のこと。例えば雨漏りなどです。実際住んでみたからこそ判明した不具合箇所は瑕疵担保責任で売主に責任を問う事が出来る場合があります。またこの瑕疵担保責任は売主が不動産業者か否かで期間が違うので契約の際に確認をしておくといいでしょう。