MENU

売買契約するまでの契約事項

欲しい中古マンションが見つかったら、不動産会社と媒介契約を結びます。これは不動産会社がマンションの売主と買主との間を掛け持ってくれるということです。いわゆる仲介です。不動産会社は晴れて売主と買主の契約がスムーズにいくように努めなければなりません。そして売買契約が正式に結ばれると仲介業の報酬を得ることが出来ますがこの報酬額は法律で上限が決められています。物件について何かわからないことや不安に思うことは遠慮なく不動産会社、もしくは担当者に聞きましょう。

次は重要事項説明

媒介契約を結び購入の申し込みをして住宅ローンの事前申請など、諸手続きは進んで行きます。そしてローンの審査も通過すると次は重要事項の説明を受けます。これは不動産という大きな買い物をするに当たって、専門の知識がない消費者をトラブルから守るために法律で定められたもので、不動産会社に従事する宅地建物取引主任者が、書面を用いて口頭で購入物件について説明をします。この説明はマンションの対象物件に関する説明と、手付金の保全措置や媒介手数料の額など取引内容に関する内容とに分けられます。重要事項説明書は一見難しい書面に思われますが、売買契約を締結する前に受ける物件購入の最終確認のようなものなので、よく読んでわからないことがあれば宅地建物主任者に聞いて、署名押印します。