MENU

リノベーション

最近リノベーションという言葉をよく目にするようになりましたが、リフォームとの違いは何でしょうか。簡単に言えばリフォームは古くなったクロスや床を初期状態に戻す工事で、リノベーションは大規模な工事で新たに最新の設備を設置したり間取りを変えてバリアフリーにしてより住みやすくすることです。中古マンションは築年数が経ってしまったものも多くあり、そういった築古マンションは比較的都心の交通の便がよい場所に建っていることが多いですね。マンションの最大のメリットは立地です。立地が良ければ築年数が経っても値下がりは比較的せず、もし転勤などで人に貸すことになっても借り手がつきやすく投資型にも向いています。そういった地用価値の高いマンションが築年数が経っているためにお手頃価格で売りに出されることがあります。建物の外観や共用部分は古いですが何より価格が安いです。そこで専有部分に手を加え、居住空間は新築物件に変身させるのがリノベーションです。

新たな付加設備

中古マンションは、リフォーム済みの状態で売りに出ている事が多くありますが、これはほとんどがクロス張替と室内クリーニングです。そこに和室をフローリングに変えたり、キッチンを最新のキッチンに交換したり、又ユニットバス交換や洗面台交換、タンクレスウォシュレットのトイレなど購入者希望の設備を設置していきより住みやすい住居を作っていきます。もちろん工事着手前に工事業者との綿密な打ち合わせをして、予算に合った範囲で作業を進めることになります。

リノベーションでの注意

大規模な工事といっても、どこでも変えられるわけではありません。例えば、3LDKを2LDKにリノベーションした物件など、よく見られますが主要構造に関わる壁は取り壊せません。またバルコニーやサッシは、共有部分になるため手を加えることが出来ません。専有部分は基本的に手を加えられますが、念のため管理会社に確認するのがベター。工事が完了してから問題があっては取り返しのつかない事になってしまいます。

このサイトでアスタキサンチンを体のために生かす

プロトのGooBikeでリード・EXを探そう。

リンク

サプリの情報サイト(ルテイン)